クレジットカードの現金化には2つの見方がある

クレジットカード現金化分析大辞典へご訪問ありがとうございます!クレジットカード現金化っていうのは、ズバリ言うとどうなのか、真相を検証することを狙ってチェックに乗り出したのです!口コミの情報を土台として、クレジットカード現金化を詳細を調査したので確認のほど、よろしくお願いします。 - クレジットカードの現金化には2つの見方がある

クレジットカードの現金化には2つの見方がある

法に触れることは絶対にしてはなりません。
けれども「グレーゾーン」とよばれる、法律に反しているか否かがわからない部分というものが世の中にあることも又事実です。

クレジットカードの現金化は違法?

よく「クレジットカードの現金化は違法である」という文言を見かけます。
これは間違ってもいないし、正しくもないといえるものです。
というのも、クレジットカードの現金化については法的な見解が分かれてしまっているからです。

価値のあるものを売る以上

現在、現金化で多く使われている方法は価値のある回数券や家電を購入させた上で私たちにお金を渡すという方法です。
この方法では「価値のあるもの」を売っている以上、詐欺とかそういう物には当たらないし何で購入しようと売却するのは個人の勝手という見方があるのです。

カード会社は嫌う

ところが、カード会社はこうした現金化を利用規約で一切禁止しています。
多重債務者になる恐れとか、クレジットカード本来の使い方ではないという理由を挙げています。
元々カード会社にはちゃんとキャッシングサービスも用意しているのですから、そのようなことをされたくないのです。
利用規約違反は契約違反と言うことで民法に反するという考え方が存在します。

なんともいえない

判例が出てこない限り現金化が違法と言うことについて誰も言い切ることが出来ないのです。
画期的な判例が出てくるまでは、クレジットカードの現金化の違法性は論じることが出来ませんね。