昔摘発されたクレジットカードの現金化!そのときの実態に迫る

クレジットカード現金化分析大辞典へご訪問ありがとうございます!クレジットカード現金化っていうのは、ズバリ言うとどうなのか、真相を検証することを狙ってチェックに乗り出したのです!口コミの情報を土台として、クレジットカード現金化を詳細を調査したので確認のほど、よろしくお願いします。 - 昔摘発されたクレジットカードの現金化!そのときの実態に迫る

昔摘発されたクレジットカードの現金化!そのときの実態に迫る

クレジットカードの現金化はかれこれ長い間日本の多くの業者が提供しているサービスです。
しかし一時たくさんの業者が摘発されたことがありました。

意味もないものを買わせる

いわゆる「キャッシュバック型」と呼ばれるクレジットカードの現金化の方法を採用した業者が摘発されました。
意味のないものを高値で購入させ、そのうちの何パーセントかを手数料として差引き残った金額をお客様に渡していたのです。
これはあまりにも悪質性が高いと言うことから業者が多数摘発されたのです。

利用者側への制裁は?

ここで気になるのが利用者側への制裁です。
業者が摘発されたのであるのだから、きっと利用者も摘発されたのではないだろうかと思われるかも知れません。
しかしそのときには利用者へのおとがめはありませんでした。
あまりにも多すぎて摘発しきれなかったからです。

カード会社からはきちんと制裁を加えられた

ただ、カード会社側から利用者側に対して利用停止処分やカード剥奪といった制裁はきちんと加えられることになりました。
私たちが普段カード会社の規約通りに使うのであればそのようなことはされないのですが、規約に反していた以上そういうことをされても致し方なかったのです。

適正な利用を呼びかける

とかく、意味も無くクレジットカードの現金化に手を染めることはカードの利用停止処分がなされる可能性がとても高いためおすすめはできません。
違法ではないが、カード会社との軋轢に耐えられる人ならばいいのかもしれません。