クレジットカード現金化分析大辞典~クレジットカードの現金化って本当に違法?私たちの生活はどうなるの?

クレジットカード現金化分析大辞典へご訪問ありがとうございます!クレジットカード現金化っていうのは、ズバリ言うとどうなのか、真相を検証することを狙ってチェックに乗り出したのです!口コミの情報を土台として、クレジットカード現金化を詳細を調査したので確認のほど、よろしくお願いします。 - クレジットカードの現金化って本当に違法?私たちの生活はどうなるの?

クレジットカードの現金化って本当に違法?私たちの生活はどうなるの?

日本で生活を送るためには「法律」を絶対に守らなければなりません。
中には「法律を取り締まる警察が見ていないところであれば、守らなくたってよい」というかたがいらっしゃいますがそういう不真面目な考え方は絶対にやめましょう。
人生を台無しにしてしまう可能性があるからです。

クレジットカードの現金化

昔から「クレジットカードの現金化」については法律に違反しているのかそうではないのかが熱く議論されてきました。
元々、クレジットカードで購入した商品というのはその代金をカード会社に返済するまでは会社側の物として位置づけられます。
つまり、クレジットカードの現金化というのは自分の持ち物ではないにもかかわらず勝手に他人に売却してしまう行為です。
ある種いじめっ子みたいな考え方といえるでしょう。
自分の物ではないにもかかわらず、勝手に他人に売却しその利益を自分の懐に入れてしまうのです。
そのため、カード会社はもとより法学者からも違法性についていろいろな議論がなされてきたのです。

私たちの生活との係わり

クレジットカードの現金化の違法性は私たちの生活にどのような影響を及ぼすのでしょう。
仮にきちんとした結論が出た場合、現金化がなくなってしまうかそれとも大丈夫な物として認められる代わりに規制が厳しくなることが予想されます。
後で詳しくご説明しますが、今のところクレジットカードの現金化についてははっきりとした結論が出されていないがために私たちの生活にはそれほど密接な関わりを持たない状況です。

規約を守ると言うことと法律を守ると言うこと

ところで、クレジットカードを利用するときにはカード会社と利用規約を守りますという契約を結びます。
ここには「クレジットカーで現金化はしません」というような規定が設けられていることがほとんどです。
けれども、そこに書いてある規約を守らずに現金化をするのですからなんだか法律に違反しているような感じもします。
確かにそのような見解もあるのですが、規約よりも遙かに強制力の強い法的な観点からは未だ違法性についての結論が出ていない以上規約を守らないと言うことと法律を守らないと言うことはどちらによって責任を判断すべきかがわからない状況です。
今のところきちんとした結論を申し上げることは出来ませんが、クレジットカードの現金化についての法的な見方について様々な角度からご紹介していきたいと思います。
ぜひ、一度目を通していただいてどのような物か知っていただきたいものになります。

ギフトクレジット 即日